Make your own free website on Tripod.com
日本唯一のミイラ職人 (1体\100万)


高橋 弘ニ
生年月日:不明
身長:不明
出生地:不明
生立ち:不明

罪状
2000年7月2日、脳内出血のため兵庫県伊丹市内の病院に入院していた庫県川西市内の元会社員、 小林晨一(しんいち)さん(当時66歳)に「シャクティパット(頭などを軽くたたく)治療を受けさせる」などとして、 医師の忠告を無視して病院から連れ出し、飛行機で高橋容疑者が滞在する千葉県成田市内のホテルに移動。 ホテルの部屋に小林さんを放置し、必要な保護をせず小林さんを死なせた疑い。

千葉県警捜査1課と成田署の捜査本部は22日、セミナー企画団体「ライフスペース」の元代表、 高橋弘二容疑者(61)ら8人を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。

逮捕されたのは高橋容疑者の他、
▼小林さんの妻 昭子(61)▼長男健児(31)
ライフスペース関連団体「SPGF」メンバー
▼高橋容疑者の妻伸子(38)▼西沢みどり(32)▼荒町英明(35)
▼砂田暢之(35)▼辰己親子(31)の7容疑者。

調べでは、高橋容疑者は、適切な治療が出来ないにも関わらず、小林さんを自分のところに連れてくるよう健児容疑者らに持ち掛けた。
高橋容疑者は独自の「定説」を展開、「司法解剖されるまで小林さんは生きていた」などと主張しているが、 同県警は、健児容疑者らが絶対安静の小林さんを病院から連れ出し、治療設備のないホテルに連れて行ったことが、 「生命に危険が生じるのを承知で連れ出し放置した」として遺棄に当たると判断した。




何があろうとも「定説です」の一言で済ませてしまう男高橋です。


高橋は自らをインド伝統上の「GURU(グル)」と呼んでいますが、この事件で逮捕された のは全てで8人。他のヤツもグルだったと言う切ない話に発展しました。


高橋の必殺技はシャクティーパットと呼ばれる儀式なんですが、 ただひたすらに頭を叩くだけで、あらゆる病気を治すと言う素晴らしいモノです。
しかし、シャクティーパットはミイラにしか出来なかった事が判明した所で逮捕されてしまい、 余生を牢獄で送ると言う結果になってしまいました。
恐らくこれも定説です。


高橋は「GURUは寝ない」という、恐ろしい事を発言していましたが…



↓浴衣姿です


この格好どう考えても寝起きです。





しかし高橋の恐ろしい発言は、これだけじゃありませんでした。
彼は1993年にサイババに会いにインドへ渡ったのですが、
その結果、彼の口から「俺はサイババの生まれ変わりだ」と言う、
小学生でも言わない言葉が出て参りました。


↓これが



↓これに





有り得ません。



だって、サイババはご存命ですからね。




それはそうと、高橋の妻もこの事件で一緒に逮捕されてるんですけど、 名前は「伸子」年齢なんと38歳です。 夫である還暦も迎えた61歳高橋弘ニとの夜の生活が気になるところです。
伸子との夜の生活にシャクティーパットを取り入れたかどうかは現在調査中。